適材適所

どうも。コパチです。
今年もよろしくお願いします。

年が始まって、皆様いかがお過ごしでしょうかね?
オイラは普通に過ごしています。


今日のテーマは「適材適所」という言葉です。


家の近くのコンビニの話なんですけど、このコンビニが妙にダメダメなんですよ。

どうダメかというと、サービスがちょっと考えられないくらい「怖い」んです(笑)。


深夜の店員が女性で一人という、客のオイラが心配な感じなんですよ(笑)。
別に男女差別とかどうとか言いたくないですが
深夜に体の細い小さい女性が一人で店番をやっているのは
強盗が入る以前に、「客」として怖いんですよ。


強盗の方々が「あそこは入りやすいぞ」的な見方をされないかと怖いんです。


百歩譲って「深夜が給料が良いから」という理由で
女性自ら志願して深夜にやっているとしても、お客としては怖いですよ。


ALSOKのCMの女性選手くらいの体つきで
男性と対等もしくはもっと強いならわかるんですが
やはり普通の女性っぽい人が深夜で一人で店番は…。


まあ、「適材適所」だと思うんです。

そういう特徴ある仕事って、その人によって向く向かないがあると思うので。
やはり、経営者も人件費を削ることより、経営面で考えていただきたいと思いますな。

人件費を削るというのは、消費を削ってしまうことにつながるので
後々のデフレに繋がるということは誰しもわかると思うんですが…。



要は何が言いたいかというと…


床屋で読むマンガとして「ゴルゴ13」や「コブラ」は最高に面白いということです。


コパチ太郎