新しいテレビの見方

テレビが完全地デジ化されてから半年近く経とうとしています。
でも、地デジってただ映像が綺麗になっただけでそんなに面白くないですよね。
データ放送とか付加価値がついていますが
実際にはインターネットに書いてあることや、番組の宣伝くらいしか使われません。


そこで新しいテレビの見方の「実況」というものがお勧めです。


「テレビ実況」はテレビを見ながらインターネットに書き込みをして
見知らぬ他者とチャットのように会話しながらテレビを見る見方です。
始まりは2chの実況板だったりします。
しかし、2chとテレビって意外と相性が悪く
リロード(再読込)してテレビとパソコン画面を見比べたりして
意外と面倒で疲れたりするんです。


時代は変わりTwitterでの実況が行われるようになりました。
Twitterの場合、ソフトウェアを使うことで読み込み自体は自動化できるようにはなりましたが
相変わらずテレビとパソコンの目の移動がしなくてはいけないことが続いておりました。


で、今日ご紹介するのがtorne(以下トルネ)です。

トルネは元々はPlayStation3(以下PS3)をHDDレコーダー化するキットだったのですが
ソフトウェアのバージョンアップが繰り返され
Twitterの機能の追加、他のHDDレコーダーとの連動などが追加されました。

一番凄いのはTwitterとの連動で
Twitterのコメントをテレビでリアルタイムで見られるという機能です。

実際にはニコニコ動画のような右から左に流れる文字を
テレビ画面最下部に表示できるんですがこれが大変便利です。
元々、テレビとTwitterを同時に見るにはパソコンにTVキャプチャーボードを
取り込まなくてはならず敷居が高かったのですが
トルネによってテレビ単品で行えるようになったのは大きい功績です。

そこでぜひ試していただきたいのは国民的マンガ「サザエさん」の実況です。


サザエさんの世界観は大変古く、考え方も昭和から変わっていないために
おかしな言動ばかりが目立ちます。

いまだにケータイ電話を持っていなかったり
核家族化が標準なのに3世帯(サザエさんの世帯がよくわからないですが)くらいで住んでいますし…


で、これを実際見ていると下のような配置となります。
「ボケ」担当…サザエさん
「ツッコミ」担当…視聴者
となるわけです。


すると、「テレビがボケて、視聴者が突っ込む」という
新しい種類の視聴者参加型の漫才の完成です
(作っている人はそこまで考えていないかもしれませんが)。

これが大変面白いです。
みんなリアルタイムでツッコんでいるので妙な一体感があります。

ただトルネには若干問題点もあって
操作性が悪い、トルネ自体でハッシュタグを検索できなかったり
(タイムラインにハッシュタグがないとハッシュタグ別で分類できない。
「インフォメーション」からのハッシュタグ分けでは機能不足)と
トルネ単品でTwitterのリプライがやりずらいなど
全機能はできなかったりするのであくまで視聴用として使う感じですね。

お勧めとしてはトルネでは「映像」と「Twitter」を流しつつ
パソコンやスマートフォンからTwitterで書き込むという方法が良いかと思います。

これは一度やってみないと面白さはわかりませんが
トルネを持っている人はぜひ一度体験してみて下さい。
テレビの見方が変わりますよ!


今後発売される全てのテレビには
このような実況機能がついて欲しいですね。
まあ、テレビ局やマスコミは嫌がるかと思いますが(笑)