Symphonia / In Paradisum

Symphonia / In Paradisum新バンドSymhoniaの一曲がネットで見つけたので紹介。

Symhoniaは
ストラトヴァリウスのティモトルキ(ギター)
元アングラのアンドレマトス(ボーカル)
元ハロウィンのウリカッシュ(ドラム)
ストラトヴァリウスのヤリ・カイヌライネン(ベース)
ソナタアークティカのミッコハルキン(キーボード)


というなかなかの凄いメンバーです。
このバンドはメタル界の一時代を築いたスーパーなメンバーだったので期待はしていました。
ただ、どの方々も癖のある人ばかりで、脱退と加入をを繰り返す感じの集まりなのが気になります…。


こういう「色んなバンドの凄い人を集めて、作ってみたらこんなの出来ました」シリーズのバンドって3つくらいに分けられて
1.「スゲーな!合わさって化学反応が起きて名盤になったよ!」
2.「まあ、普通だな。」
3.「なにこれ!!金返せ」

という3パターンくらいしか分かれないのが面白いところ。
普通は1と2の間に「今後に期待できそう」というのがあるんだけど
こういうスーパーなバンドはあまり見当たらないのが通例な気がします。


で、一曲聞いた感じだと…、誰がどう聞いても2ですかな(笑)。
全然化学反応が起きていません(笑)。
このメンバーで作曲して来た経歴を考えると
ティモトルキ、アンドレマトス、ウリカッシュの3人が貢献できる気がします。
しかしながらこの曲を聞く限りだと、ティモトルキが一人で作ったような
ストラトヴァリウスを牛耳って来た時代を思わせるような作風で残念ですな。

部分部分でアンドレマトスが作曲したような初期アングラっぽさもかすかに見えなくも無いんですけど
でも、まとめとしてやはりティモトルキが作ってしまっているという感じですな。

まあ、まだ一曲しか聞いていないのでなんとも言えませんが
とりあえず発売を期待しております。

頑張ってください!


PS.
例によってドラムのウリカッシュさんとキーボードのミッコハルキンさんは
いつも通りにすぐに辞めそうな予感がしますが長続きするんでしょうかね…