B’z松本孝弘もラリー・カールトンとの共作でグラミー賞受賞

ホントはこういう見出しが普通だろと思うが仕方ないと思います…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110214-00000006-exp-musi
ラリー・カールトンがメインで、サブに松本孝弘だと思うからそこんとこ踏まえて報道して欲しいですな。
でも、実力がないとラリー・カールトンから声をかけられることは無かったと思うからこれはこれで凄いことです。
B’zはあんまり好きじゃないんですけど「TMG」というソロ活動の方が世界を狙った音楽性で大変良かったです。熱いギターサウンドにエリック・マーティンのハスキーボイスがカッコイイです。
楽器のメンバーそれぞれが世界クラスなのは良いですな。
何はともあれグラミー賞を取ることができたのは凄いことなので
AKB48とかのJ-POPも世界に向けて頑張って欲しいですね。

========
個人的に松本孝弘のギターは全体的に正確に弾き過ぎてあんまり好きじゃない。
対称的にラリーカールトンのギターはすごく自由なアドリブ入れまくりのギターなので
その対称的なバランスが今回は良かったのではと思います。ということでラリーカールトンでルーム335です。