黒耳レポート最終回

黒耳(RX430AL)のまとめです。

ツイッターにほとんど書いたことのまとめなのであしからずw

オイラの家は東京都多摩地区で
近くには4本アンテナが5本くらいある模様です。

スピードの比較には青耳(AX420IN)を使いました。

環境はネットブックwinXPをDD(WS002IN)を利用し自分のプロバイダーに接続しました。
接続場所は正確なスピードを確かめるために野外のアンテナの下で計測しました。
高速化サービスは「OFF」です。

結果

黒耳は安定して130kbpsを記録。
青耳は不安定ながらも90kbpsを記録。

黒耳ではスピードは数値的にそれほど変わっていないものの
体感差はかなりあり、普通にインターネットをしている感覚で使うことができます。

特にレスポンスが劇的に向上しており
かなりストレスなく動いてくれます。

しかし、回線自体の速度はそれほど変わっていないためか
YOUTUBEなどの動画を見ることは不可能です(かなり待てば見れますが実用的ではありません)。

当方は「どこでもWI-FI」も持っており
それに黒耳を入れて移動中のネットとニンテンドーDS
マリオカートDSテトリスDSを遊びました。

結果は、ネットは移動中でもかなり使える感じです。
赤耳では不可能だった移動中でのDSのゲームをWI-FI経由で遊ぶことができました。

赤耳や青耳を使っている人は「黒耳」はかなり使える逸品と言えると思います。

しかし。

それは正規値段で青耳、赤耳を買っている人のみに言えることで
今現在ウィルコムストアで販売されているスペシャルモデルを持っている人が買い換えるのには
正直言って買う必要はないと思います。

というのも青耳や赤耳のスペシャルモデルは月々980円なのに対して黒耳は3880円です。
速度は1.3倍程度、レスポンスも向上しているとはいえこの3880円という値段は高すぎます。
黒耳を買うくらいなら、イー・モバイルの「ポケットWI-FI」を買って月5千円で使った方がリーズナブルと言えると思います。

もはや、ウィルコムの「新つなぎ放題」の3880円という値段は高すぎます。

その辺をよく踏まえて購入して欲しいと思います。

「どうしても電話番号を変えたくない」人や
「正規の値段で青耳、赤耳を使っていてもう少し速度が欲しい」という人には
黒耳はうってつけと思いますが
それ以外の
スペシャルモデルの青耳、赤耳を持っている」人や
イー・モバイルと比較して買おうかと考えている人」には
正直言って、速度的、コストパフォーマンス的にオススメしません。

また、オイラの環境下(東京都多摩地区)での黒耳は130kbpsしか出ませんでしたが
他の地域での黒耳をお使いの方では300kbpsを出ていることもあるようです。

地域での速度の差があることも考慮しながら参考にして頂けると幸いです。

ということで、黒耳レポートでした〜

また、何かありましたら、ツイッターで公開しますのでよろしくお願いします。