テストの準備

明日のテストの準備〜

まあ、ブログやツイッターなんて
誰からでも見られているということのも考慮しながらの
今までの発言だったわけですが…

そんなことも重々承知の上での発言なんですが
もし先生がこのブログを見ていたら色々お伝えしたいですな。


とりあえず「客観性」が大事ですよ。


さて、今日のどうでも良いニュースはこれ

「俺よりオナニーに命掛けてる奴いるの?」
http://digital-thread.com/archives/2074999.html

ここまで自慰行為を極めているとプロだね。オイラはストイックな人間が好き。
最後にオチがあるけど、自慰行為に十分拘っている人だと思うなあ。

ストイックな人って、その人なりの「美的感覚」や「こうあるべき」という
考え方があるんだろう。

家電売り場で
「動けば何でも良い。金はいくらでもあるから、とりあえず一番イイやつをくれ」などの
考え方のお客様ってホントに大嫌い。
確かにそういった方々によって利益を得ている部分も多いが
このような客として上という立場を常に持っているという考え方はあまりよくない。

家電にしても何にしても、メーカーの人が一生懸命「拘り」をもって作っているものが多い。
余程でなければどれを買っても良いものなのだ。

例えば、薄型テレビに関しては
パナソニックはプラズマに拘っているし
シャープは液晶に拘っている。

そういった中で、パイオニアは「KURO」というプラズマテレビが素晴らしかった。
映像がパナソニック製なんかに比べものにならない程、メリハリが効いた画質であった。

しかし、この素晴らしい商品が世間で理解できなかったことが大変残念であり
日本人としての「自分の目で確認して自分で選択して買う」という
「美的感覚」が崩れているんだなあと思った一つの出来事であった。

話を戻すと「拘り」って結構重要だと思う。

その人が持っている「拘り」が
自分の環境の周りに集まると思う。

単純にブランドだけで固めている人は
ファッションにしても何にしても外見や美徳感覚で判断せず
単に「ルイ・ヴィトン」というブランドだからとか「ポール・スミス」だからなどあるんだろう。
車はトヨタ製、テレビやパソコンはソニー製とかなのかな?
確かにそれでも良いと思う。
買い物にしても何にしても、「俺が良ければ良い」という考え方も良い。

しかし、それは「美的感覚」を失うだけではなく
「将来的な明確なビジョン」をも失っているということを同時に考えて欲しい。

将来を期待したり、悲観するのは自由だが
「その中で自分はどのように生きていくか?」という重要な部分を見失っている。

「自分の役割」というのを考えながら生きていくことが
人間らしく生きる第一歩なのではないか?と思っている。

明日のテストはオイラの拘りや役割を突き通して
きちんとした理論を説明し解答に結びつけて単位を獲得したい。