kopachi's everyday

ゲームクリエイターとして働く、コパチ太郎の毎日をお伝えします。

なんか残念だ。

テスト期間が始まる1週間前から
某N先生から100点取ろうと落とされるような気がしていた。
それは一昨日のブログに書いていて
昨日、結局結果が発表されてその通りになった。

そうなることを予想して今回は頑張った訳だが
こう現実になるとなんか「残念」というしか言いようがない。

「予想通り」なことが起きたとはいえ
少なくとも「先生」だし、「人間」だし
オイラのことを好き嫌い関係なく成績をつけてくれると思っていたのだが
残念ながらこのような結果になったことに対して大変残念である。

まあ、この調子だとホントにオイラを留年させて
イヤがおうにも退学させたいんだろうけど
それに対してオイラはどうするべきかすごく悩んでいる。

この先生には単純に一生懸命勉強して良い成績を取るという方法では絶対単位はくれないのだろう。
たぶん、先生にもみ手をしても「先生お願いしますよ〜」と言っても無理。

単純にオイラに「屈辱的なこと」を感じさせたいんだと思う。
残念ながら、オイラは屈辱と思う感覚が全く無い。

例えば普通の人だと土下座とか屈辱的なのかもしれないけどオイラは土下座は全然OK。
むしろ靴も舐めちゃうし、その場で裸でオナニーしろって言われても全然OKw

だから、屈辱と感じることはあんまり無いんだよね。

先生はオイラが屈辱的だなあと思わせたいから
「屈辱的なフリ」をしたら良いんだろうけどどうやったら良いんだろうね?
「ムキーッ!」って言いながらハンカチを噛んだら
屈辱的というふうに感じてくれるのかな?
ホントに真面目に考えているんだけどわからんよw

そう考えると勉強とは全然方向性が変わって来て
そんなことを考えることがバカバカしくなってくるのよね。

国家資格を取るための勉強や、臨床実習のための勉強をしたいのに
「先生に屈辱に感じてもらえる演技の勉強」をしなくてはいけないのは
これではなんのために勉強しているのかわからない。

そういう意味で、なんか虚しいね。
時間がもったいない。

徹底的に戦うのも良いんだけど
結局それではエネルギーを証拠集めや
情報収集とかにいってしまいなんの勉強の足しにもならない。
ましてや最悪裁判とかになったら時間がもったいない。

どうしたら、良いんだろうね?

とりあえず、オイラは先生は絶対に落とすのをわかっているけど
オイラがそれを知らないフリをして勉強してくることが
自分の勉強にもなるし、一番効率的かな?

とりあえずこれでいくか…
まあ、これでも落としてきたら対策に乗り出すけど
なんか、こういう事に時間を費やしたくない。