今期試験の裏事情

あれから、ひと眠りしてまたこれから寝ます。

さて、今回のテストはぶっちゃけ相当頑張った。

今だから言えるが、3週間前に引いた風邪が、このテスト期間の1週間でぶり返していた。
実は水曜の試験の時点で熱が37度後半あり、急遽病院に行って抗生物質などを処方してもらい
熱が出ながらの徹夜での暗記作業だった。

水曜日付近でオイラはマスクをしながら無口でいたんですけど
喉が痛くてほとんどしゃべれない状態だったから無口だったのです。

こんなしんどかったのは生まれて初めてw
それだけ今までが適当に生きていたということにもなるがw

なんでこれだけ勉強を頑張っているのかというと
実は某N先生のオイラへの対応が最近は酷すぎるのである。

オイラはすれ違うときは基本的に挨拶はする。
人見知りなので挨拶はしなくはないけど
社会に出る上で一応身に付けなければいけない礼儀なので
「コイツは殺したい」という人にでも普通に会釈や挨拶は必ずする。

先日もN先生が通りすがりにいたので
「お疲れ様です」と会釈をしたのに無視をされ
先週の実技では「その態度はムカつく」など個人的感情をぶつけて来たので
これは普通に人としてマズイと思っていたんです。

またクラスの中でも、N先生から色々言われて泣く学生や
不満を持っている学生がいるのでそろそろ反撃しますかなあ
と思っていたので今回はテストを頑張っていたのです。

まずは不当な点数や対応を証拠にしていかなければなりません。
そのためにはN先生以外の先生との信頼関係を深めなくてはいけませんし
それなりに説得力のある証拠を用いることを考えました。

仮に
N先生のテストが40点で
他の先生のテストすべてが80点であれば

客観的にみて「この学生はどうしてこんなにN先生の教科の点数が低いんだろう」
と思います。この思わせることが大事なのです。

そのためにはその他の教科はそれなりの点数を必ずとっておかなくてはいけないと思っていました。

そんな理由があり死んでも良いから、それなりの点数をとるという目標があったのです。

まあ、今回はN先生に限らずすべての教科に気合をいれて取り組んだので
それでもまだN先生の対応や点数表示が不当の場合は次の行動を起こします。

テストでの証拠が揃ったら次は状況証拠です。

先生との会話の時はすべてICレコーダーで録音をして証拠を固めていきます。

今後の実技の試験では、オイラ以外の人への実技の対応や発言の証拠も必要なので
ICレコーダーを忍ばせて行きたいと思います。

実はこんな裏事情があったために、今回のテストはその行動を行うための布石だったのです。

また、学校側としてもどう考えているか、書面で学長宛に手紙を送るつもりです。

オイラ学生としての立場でできることはこれくらいかな?


まあ、そんなこんなでそんな事情があったのですよw


ちなみに学生さんには全く迷惑はかけないので安心して欲しいということです。
気にしないで勉強に集中して下さいね。
協力して欲しいとかそういうことは全くありませんのでご安心を。

では、コパチの勉強を含めた次へと頑張ります。