さあ、寝ます

さあ、寝ます。

いやはや、今日の面接は大変だった。

コパチが怒ったキーワードとして

先生「お前は接客に過剰に自信持ってるだろ?
   実習で見ててわかっているんだ!」

この言葉ですね。

全然、コパチのことをわかってない。
コパチは接客はメチャ苦手だ。
さらに苦手どころではない。ホントにやりたくない。

だが、仕事となると別。
あくまでプロになるとそれはお金を得るものなので
脳味噌から考え方の全て入れ替える。

しかし、先生はそれを否定した。
「もっとみんなに心を開いて仲良くしろよ」

それは、無理難題だ。
一部の人には言っているが
コパチは毒が酷過ぎる。
自分でもそれはわかっているので
だから自分の身内のことも話さないし、人のプライベートも最低限しか聞かない。

例えば
「オイラ、あの人なんとなく嫌いなんだな〜」
くらいの話なら、まあなんとか会話ができるレベルだと思う。

しかし、コパチは
「オイラ、あの人なんとなく殺したいんだ〜」(行動には絶対起こさない)
このレベルである(笑)。

この答えに「うん。そうだね」ってあいずちを売ってくれる人はいない。
というか、下手したら捕まるし(笑)。
「じゃあ、協力するよ!」
とかだと、逆にオイラも困るし(笑)。

そんなことを考えているから、人に心を開けないんだよね〜

だから、良いんだよ。今の関係で。

人間関係や価値観に無理に介入してはいけないし、変える必要性もない。
それは宗教観や、人間観を否定することにもなる。

それより大事なことは物事を客観的に見る力を身に付けることだと思う。

-------------------
ホントの中にウソをさがせ
ウソの中にホントをさがせ
-------------------