読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOSE QUIET COMFORT 35レビュー

どーも!
コパチ太郎です。
 
だいぶ暑くなって来ましたね。この時期というとボーナスの時期ですね。
 
オイラにはボーナスはありませんが、今回は「貰ったつもりボーナス」ということで、こちらの商品を購入しました。
以前もこのブログで紹介したと思うんですが、オイラはここ5年くらいノイズキャンセリングヘッドフォンorイヤフォンを使い続けております。
 
どうしてこんなにもノイズキャンセリング機能が大事かというと、音楽に集中できるという利点もさることながら「耳栓」としての役割も果たすので、質の高い空間が出来上がることが気に入っております。
 
元々、前機種の「QUIET COMFORT 25」という機種を使用しており、音やノイズキャンセリング性能に関しては不満は無かったのですが、コードがメチャクチャ邪魔でした。
 
f:id:kopachi:20160627001752j:image
 
そのため、どのようにしたらコードの煩わしさから開放されるのか、試行錯誤しておりました。
 
ある時は、コードを短縮化しようとして失敗…。
ある時は、コードを巻き取り機を導入して失敗…。
 
「やっぱり、ノイズキャンセリングヘッドフォンにワイヤレスは難しいのかなあ?」
と諦めかけていたその時!このQUIET COMFORT 35が発売されました。
 
なんと、今回はBluetooth内蔵で、iPhoneなどのスマートフォンワイヤレスで接続することができます!
 
ただ、ワイヤレスで気になるのは「音質」ですよね。なので今回、QUIET COMFORT25と35で聴き比べてみました。
 
「ふむふむ!なるほど!方向性が違う!」
 
などと、言葉で表現しても実際に聴き比べなければわからないかもしれませんが、かなーり音質の方向性が違います。
 
前機種のQUIET COMFORT 25はどちらかというと「フラット」な音が特徴的で、原音になるべく近付ける方向の音質だと感じました。
 
今回購入したQUIET COMFORT 35は「華やか」な音が特徴的で、装飾が感じられる音質かと思います。
 
好みの問題になりますのでどっちが良いとはいえませんが、今回のQUIET COMFORT 35に関しては「Bluetoothということから音質を変化させたのかな?」という技術的な側面から印象を抱きました(あくまでも憶測です)。
 
それにしても、BOSEらしくノイズキャンセリング機能は一級品であり、今回のQUIET COMFORT 35では更に磨きがかかっております。
 
特にノイズキャンセリング機能の欠点と言われる「ホワイトノイズ」の「サーッ」という異音が抑えられているのは当然のこと、更に「聞こえたほうがいい音(警報音など)」はノイズキャンセリングされにくくなっているように感じました。
 
確かに、全ての音を打ち消すことは可能かもしれませんが、安全面での運用も考えるとユニークな選択だと思います。
 
この辺りはノイズキャンセリングに対するBOSEの「哲学」を感じますね。
 
まあ、ヘッドフォン自体のお値段は約4万円と非常に高価ですが、この機能と音質を味わってしまうと、むしろ「安く感じてしまう」というのはヘッドフォン沼に足を踏み込んでいるからでしょうか(笑)?
 
ということで、BOSEのQUIET COMFORT 35のレビューでした。
 
貴方の耳でお試しあれ!
 
 

福岡のいいところ

皆様お元気でしょうか。

コパチ太郎こと、キタヤンです。

 

福岡に引っ越して半年近く経ちますけど、まだ慣れませんね(笑)。

歳を重ねるほどに適応力がなくなる、というのは本当かもしれませんね。

 

慣れないとはいえ 福岡のいいところっていっぱいありますよ。

ということで、今回はキタヤンが気がついた福岡の魅力ベスト3をお送りします。

 

まずは、1位!(いきなり1位からかよ!)

 ①女性が綺麗

 

そこかよ!って思うんですが

実際にお綺麗でスタイルの良い女性の方が多いです。

 

で、調べてみるとこれがホントということがわかりました。

j-town.net

福岡は美人が日本一多いところみたいです。

40代近い独身のオッサンにとっては

嬉しい限りです(結婚なんてできるわけ無い)。

 

第2位

②ご飯が安くてうまい

  

飲み屋さんが多くて、ラーメンやモツ鍋、揚げ物が充実しております。

まあ、これは健康に関係があるので気を付けないといけませんね。

オイラは北海道出身なんですけど、北海道とは違う方向の美味しさですね。

北海道は「美味しい」、福岡は「うまい」だと思います。

 

第3位

③通勤が30分以内

 

結構ビックリするかもしれませんが

福岡では30分以上の通勤は「遠い」に属するみたいです。

東京では1〜2時間は普通ですからねえ。自分の時間が増えて、有効に使えます。

  

オイラが気になったのはその辺りですかねえ。

確かに「娯楽が少ない」などのマイナス面もありますが

それはそれとして時間が割けなかった東京時代とは別の国に来たみたいです。

ということで、今回は福岡の魅力についてご紹介しました。

 

それではまた(´・ω・`)ノシ

どうもキタヤンです

どうもキタヤンです。
無事に生きております。

ゴールデンウィークもあと一日。
後悔のない生き方をしましょう。

ではでは。

ご無沙汰しております

ご無沙汰しております。

コパチ太郎ことキタヤンでございます。

 

いきなり私事で恐れ入りますが、昨年末に転職を致しまして、今は福岡の博多に住んでおります。

f:id:kopachi:20160227202535j:plain

 東京には18年ほど住んでいたため、福岡への引っ越しは大変でしたが取捨選択をし、気持ちの整理も着いた次第でございます。

 

仕事内容はゲームの開発から少し離れ、運営に近いところで働いております。

 

大きな会社になってしまったので、わからないことばかりですが、なんとか乗り切っていこうと思っております。


5月付近には新社屋に移転するとのことで(どこの会社かわかってしまいますね(汗))、試用期間でクビにならないように精一杯頑張ります。

 

今後とも、コパチ太郎とキタヤンをよろしくお願い致します。

きっとこれは日本が抱える社会問題

どうも、コパチ太郎です。

最近、ブログを更新する頻度が上がりましたね。
えええ。別に暇というわけではありません(無職)。

さて、今日の話題。

japanese.engadget.com

真相はわかりませんが、なんとも残念なニュースですね。
どうにもこうにも、日本のゲーム会社には「クリエイター」というものを
嫌う性質があるように感じるのです。

クリエイターって、イカレタ人じゃないですか?
いえ、頭がイカレテいるからクリエイターなんですけど(笑)。

続きを読む

ゲーム製作者のゲームレビュー

どうも。

コパチ太郎です。

 

これでもゲームプランナー、ディレクターの端くれです(過去形)。

 今回は、ゲームの作り手側からのレビューをしてみたいと思います。

 

はい。では、一本目。

今回取り上げるのは「三国志バトルウォーズ」です!

f:id:kopachi:20151204100049j:plain

おい!自分が携わったゲームかよ!?

 

続きを読む

コパチ太郎の近況情報っす!

どうも、ご無沙汰しております。

コパチ太郎です。

 

某会社を退社致しまして

12月1日(火)から無職となりました。

 

無職は何年ぶりでしょうか。

5年ぶりくらいかなあ。

 

ずっと、休みなく学業と仕事をして来まして

客観的に自分を見つめ直したいのと

広いフィールドで仕事をしたかったので

11月上旬に退職を申し出ました。

 

自分としては「新しいことに挑戦し続けたい」という

変わらない信念があったので、このような流れとなりました。

 

三国志バトルウォーズ(三バト)」の

プランナーを担当していたわけですが

ゲーム自体の評価もそれほど悪くはなく

自分のできる範囲では頑張ったかなあとは思っております。

 

そのため、悔いはないです。

 

そうそう!

あとはYouTuberとしてのお仕事も少しやっていたんですよね。

www.youtube.com

コパチ太郎が誰なのか、バレてしまいますね(笑)。

続きを読む